STREETFIGHTER
ZERO3↑↑
(ダブルアッパー)

1998年、『STREET FIGHTER ZERO3』が世に出て
アーケードで活動してから早8年。
家庭用でPS→SS→DC→GBAと焼き回し移植を重ね続け、
ついにPSPにて発売されたZERO3決定版ッー!!
イング様やユン、マキ、イーグルを使って親指を悲鳴を上げよう!(えー)

―――――――――――――――――――――
■あの頃のダイエット法はゲーセンでした・・・。
―――――――――――――――――――――

えー突然ですが
ヤサカニはZERO3はかなり好きです。

ZERO3活動当時は、ちょうど中平正彦大先生の
格ゲー漫画の傑作、『STREET FIGHTER ZERO』『さくらがんばる!』に嵌ってた時期であって、
しかもそのZERO3は、その漫画から色々反映されてる部分が多く、
生まれたさくらのライバルキャラ、かりんお嬢も登場しており、KOF'98同様、かなり楽しみに待ってました。

  ∧_∧  +
 (0゜・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゜∪ ∪ +
 と__)__) +    

当時高校生だった僕は、昼食代を徹底的に削りながら
1コインでも遊びたい一身でゲーセンに行ってました。
そりゃ〜100円コインを握り締めて毎日のように。



100円パンにカフェオレのみで生活してた
あのハングリーな時期が実に懐かしい・・・(´-`)y-.oO

まぁーそんな生活も3rdまで続いたんですがね(汗)


あの頃のダイエット法はゲーセンでした・・・。



そして、その年の12月にすぐにZERO3はPSにて移植されました。
移植度に関しては、削られた部分はありましたが、
キャラパターンに関してはほぼ気にならないほどの忠実な移植度であり
キャラ育成ができるワールドツアーモードやドラマティックモード、様々な種類があるサバイバルモード
率いる一人で楽しめるモードが多数で、ロードも(PSに関しては)かなり早い!
売り上げも30万〜50万本以上と大ヒットしました。
僕も発売当日に買いに行って真っ先に親指が悲鳴を上げるくらい遊び倒しました。

あれから実に8年後・・・



1/19の発売日にてそのZERO3の決定版が出ました。
あのすごいクオリティ+αの作品がPSPで遊べる・・・!!
また親指が悲鳴を上げる日が再び・・・

  ∧_∧  +
 (0゜・∀・)   ワクワクテカテカ
 (0゜∪ ∪ +
 と__)__) +    

僕は8年前に戻ったかのようにワクテカしながら楽しみに待ってました。

―――――――――――――――――――――
■なんか矛盾
―――――――――――――――――――――
さて、PSP版のZERO3は
サブタイトルでダブルアッパーと題してありますが、
ファンの間で不評だったアッパーの移植ではなく
無印ZERO3の移植です。

PS版で移植できなかったキャラパターンや細部の細かな部分が
PSP版には完璧に移植されております。
しかしZERO3で近年出てきたコンボテクニック『着キャン』は出来ない仕様なので注意が必要。

それに加えてイング様にユン、マキにイーグルが参戦・・・

フムフム・・・(・ω・) 



・・・・・・!?Σ(゚ω゚)

ってなんでストVのユンがいるんだYOーーーッ!!
いや!おかしいでしょ?普通に?
いくらカプエス2やカプジャムで参戦したからって
あれはドリームマッチってことで片付けられるけどさ・・・

てかお前!ZERO時代にいたら
せいぜい8〜10歳じゃなきゃおかしいじゃないかー!!
このロリコン共めーッ!!(謎)



まぁーもっともアドンにヌっ殺されたイーグルも
参戦してる自体おかしいんですけどね(´∀`)y-。oO○(忘れろ!!)

―――――――――――――――――――――
■サイキョー流公認サポートパット
―――――――――――――――――――――

楽しみに待ってたとは言っても
予約はしてなかったので、近くにあった某ベ○ト電器にて購入。
うん、割と普通に買えたよ。


しかし先着購入特典の『サイキョー流道場公認サポートパッド』は付いてこなかった。
やはり予約しなかったから貰えなかったのだろうか?

まぁーPS版で鍛えた僕の親指ならそんな事は
些細な問題なのさ!ヽ(´▽`)ノw

でもやっぱり気になるのは人の情って事で
某巨大掲示板にて評判を見て見る・・・・


>つうか、特典のパッドが賞賛
ってか、サターンの十字キーっぽいような

>このスレ見てたら欲しくなってきた〜
サポパはあったら操作性は増すの?
あと、PS版より操作性や技は出しやすくなった?

>PS版より操作しやすいかは人それぞれだが、
オプションで受付入力時間を延ばしたり、入力判定を甘くしたり、
さらにボタン1個に各種必殺技を登録できたりと、
操作性をカバーする要素が幾つかあるので慣れればかなり快適に動かせるはず。
(GBA版スパUXやカオスタワーにあった簡略コマンドはないが)

>サポパがあればセガサターンパッドに近い感触で操作でき、
操作性が上がると感じる意見が多いみたい

>おい!最強パッドPSPに付けて コマンド受付ロングにして
PSPヴァンパイアやってみろ! すげーー操作性良くなった!!!


なんかサイキョー流サポートパット超絶賛なんですけど・・・・orz

・・・・・いや、別に悔しくなんかはないんだ。
予約してなくて貰えなかった僕が悪いんだしさ・・・ッ!

てか他の所じゃ予約してなくても貰えたって話が出てるし・・・
買って貰えるなら欲しかっただけであって・・・orz

何が○スト電器だYO!!・・・全然B○STじゃないじゃないか・・・ッ!!

んおぉおおお!くあぁーーッちくしょーぉぉぉぉおおおー!!・゜・(ノД`)・゜・

―――――――――――――――――――――
■ブサ顔
―――――――――――――――――――――

んで買った後パッケージ絵を見て見る



リュウを筆頭にイング様、ユン、マキ、イーグルと
追加キャラ分が目立つ構図となってます。
絵師はタッチを見る限りストV3rdや鬼武者のメインイラストを手がけた
イケノ絵師かな?。

3rdも好きな僕としては思わず
『うひょー!!たまんねっす!!』と声漏らした訳なのだが・・・・

てかユンの顔・・・・


いくらなんでもブサ顔しすぎじゃねーのかこれぇ!!?
確かにユンは美形じゃないけどさ・・・これ酷すぎだろ!!?
鼻息とか聞こえて来そうだよホント・・・・・・orz。





まぁーでも流石にこのバイソンには敵わないと思ったが。
(てかノナ絵師のバイソンにそっくしだ罠・・・(笑))

―――――――――――――――――――――
■細かな配慮と操作性
―――――――――――――――――――――

操作性や技の出しやすさは PSPにしてはかなり良好。
キーコンフィングでCOMMANDをLONGTYPEをEASYに設定したら
パット無しでも昇龍拳や真空波動拳がバリバリ出せました。

ロードもPS2版3rdの顔アップの対戦画面の時見たいに
うまくロードして読み込んでるのか、かなり早く感じましたw

移植度に関しても申し分なく追加キャラ専用のストーリー、ED、
各種専用の勝ち台詞VSキャラ専用デモブランカの電撃追加パターン・・・etc
かなり細かな所に配慮が加えられてのにはかなり好印象でした。

うん、これなら格ゲー好きな人には超オススメかも知れぬ。
移植モノに関してはホントに頭が下がります。
3rdといいPS2版ヴァンパイアといい・・・出来るな・・・カプコン!

しかしやはりここまで来たならアーケードスティックでやりたいっていうのは
人の情と言いますか・・・・・・・てかやはりここまでやったらPS2版で出して欲しかったな・・・orz


―――――――――――――――――――――
■無線の対戦時代突入!!
―――――――――――――――――――――
そして格ゲーと言えばやはり対戦なのだが
PSPの無線LANを使って対戦が出来るとは言っても。
その為にはお互いのPSPとZERO3のソフトが必要なため
現実でその対戦の機会はほぼ皆無と言っても良い!

2人対戦やチームバトル、ヴァリアブル、ドラマティックと
揃ってるためにかなり盛り上がりそうですがね・・・orz

しかし

『Xlink Kai Tips』という無線LANアダプターを使えば
国内や海外で自由に対戦出来るようなのです。
しかもラグも基本的にはないようなので環境さえ揃えばかなり
充実したものになることが請合い!。

まさに俺より強いやつに会い行く!!

・・・・通販で買おう・・・かな?これ。
―――――――――――――――――――――

■攻略
ユン

ZERO〜ストVの時代があまりに違えど気にするな!!
ストV界から時空を超え、ZERO3界に殴り込みに来た風雲の白龍ことユン。
ZERO3界に置いても、その強さと一発のデカさは健在であり
扱いやすい通常技や奇襲性の強い雷撃蹴、けん制、ガード崩し、中段下段からのコンボなど
勝てる要素はバッチリ。ブロッキングはないけどなッ!!

■通常技
ユンの通常技は扱いやすいものが多く
癖がないので長所を伸ばせばかなり使えるのものが特徴
弱P 色々な面でお世話になる技。連打もできてキャンセルも可。
弱PTCやJ弱PTCで頻繁に使うために
正直これ無しじゃ生きていけないと思う。
弱K 中足よりも長い立ちローキックを完備
しかもキャンセル可でちょっとしたけん制にも使える。
長い!長すぎるYO!!

そして小足は連打キャンセルも可能なために
小足x2→立弱K→弱絶招はどの距離からでも
安定して繋がるため覚えておきたい。
J攻撃は空対空に使えそう。
中P 立中Pは主に中PTCのために使っていく技。
ガードされても五分なために気軽に打てるのが強み。

屈中Pはガードやヒット時はこちらがかなり有利になる技
有利時間は屈中P→ノーキャンセル弱絶招
連続技になるほど有利。
中K 楊炮や鉄山靠で浮かせた後で追撃に使う技。
この技自体にも浮かせてハイジャンプキャンセル(HJC)で
追撃できるためにどんどん使える。
てかHJC自体がユン専用なような・・・(汗)

中足もキャンセルが掛かるので使えそうだが
他の技が高性能なために、3rdみたいに使うと痛い目見るYO(笑)
けん制もそこまで強くないので忘れても良いかも。
強P 遠大Pは崩拳で
けん制に刺し合いに、とにかく使える。
リーチが長い上に判定も大きい。
しかもカウンターだとダウンも奪えて状況によっては
追撃もできる高性能技
。こりゃもう使うしかねぇー!!

近大Pは2段技で2段目はスパコンのみキャンセル可
ヒット確認から楊炮もできる。
上判定も大きいから意外な面で対空に使えたりもできる。

屈大Pは一見ただの対空アッパーのように見えるが
見た目以上に判定がデカく、実は中足よりもリーチが長い
てかダメ杉じゃん・・・中足・・・orz
強K 足払いは発生は若干遅いがリュウクラスの足払いよりも長い
近大Kは近距離が連環腿でダウン技。
遠大Kはリーチの長いダウン技。たまに使う程度で良いと思う。

J大K は上判定がデカイので昇りで落とす時や
J弱TCの追撃が間に合わない時に使う。
下判定はほとんどないので地上に合わせて使うと死。


■特殊技
雷撃蹴を筆頭に扱いやすく攻めに直結しやすい技が揃っている。
癖の多い雷撃蹴はプレイヤー能力の攻めのセンスが問われる重要な技。
旋風脚
+中K
若干宙に浮きながら移動して蹴り技を放つ中段技
中段の割には早い傾向だが当てても若干不利。
宙には浮いてるので喰らっても空中判定なのだが、
足払いに合わせて避けながら〜は出来ないので注意。

V−ISMでかなりお世話になる。
雷撃蹴
垂直・前方ジャンプで
+K
上空から鋭い蹴りを放ち強襲的に接近し攻撃する
ユンを代表する蹴り技。
弱・中・強と共に移動距離が長くなり変化する。

相手の胴〜足元を常に狙いながら通常技に繋げたり
起き上がりにワザと相手の目の前で着地して
昇龍拳を空振らせたり投げを狙ったり・・・etc
汎用性の高さが雷撃蹴のウリ。
ただし仰け反りやガード硬直は短いので
当たりが浅いと反撃される恐れがあるので注意。
白龍連撃
弱P・弱K・中P
通称:弱PTC
ストV2ndからあるユンのコンボの要の技
弱PTC→必殺技やスパコンはお約束であり
どの技から止めても不利にはならない高性能な技だが
ZERO3に置いては
リュウクラスでしゃがまれたら弱P自体が当たらず
しかもこの技は従来のものより
技が出難い傾向(ガイ・元のZEROコンボ仕様)にあるため
今回はそこまでお世話にはならないかも。

小足や中攻撃で良い技がそろってるので
今回はそちらをメインにコンボを組み立てよう。
白龍通背打
中P・大P・+大P
通称:中PTC
中P→大P→虎撲子と繋げるコンボ技。
ガードされても隙がないのは従来通り。

今回はカプエス2〜ジャムで出来なかった
SC→楊炮が全段繋がり、大ダメージが期待できるので
隙あらば狙って行きたい。
空連捶
空中で弱P・大P
通称:J弱PTC

空中で弱P→大Pと繋げるコンボ技
中Kから浮かせて追撃が主な使い方。
今回は攻撃力は大Kよりも高いため、追撃はこちらにしよう。


■必殺技
こちらも攻めに直結するものが多く、
連続技に組み立てやすいものが多いのが特徴。
絶招歩法
+P
小足や中Pヒット確認、弱PTC〜など様々な所から
連続技に繋がり、奇襲にも大活躍な突進技。
間違っても箭疾歩と言ってはいけない。

2Dの突進技の特徴として
ガードされれば例え先端当てでも反撃確定なのは
この技でも当て嵌まるので使う際には注意が必要。
鉄山靠
(Z・V専用)

+P
低い姿勢から突進し、背を向けながら
強烈な一撃を与える八極拳を代表する技。
この恐ろしくカッコ良い技を世に広めたのは
おそらく某バーチャの10年早い人だと思われる(笑)
ちなみに、「靠」とは背中や腰を使った体当たりのことを指す。

ユンの鉄山靠は、全シリーズ通じて
ガードされても隙がないのが特徴。
弱は弱PTCからのノーリスクな連続技に使える。
中や大は通常技から連続技にはならないが、
ヒット時浮かせる事が出来るので
その後に追い討ちを入れる事が出来る

しかしZERO3の世界では空中受身があるので
追い討ちは若干しにくくなってる
(カウンターなら受身出来ないので安定して追撃可)。
穿弓腿
(X・V専用)

+K
片手で体を支えながら脚から飛び上がり、
逆立ちの姿勢で放たれる蹴り技。

一見対空技に使えるように思えるが、
一切無敵はないので注意が必要。
使うなら鉄山靠からの追い討ちや、早だし対空で使おう。
(でも正直あまり使わない趣味技・・・orz)
前方転身
+K
相手の背後に回ってガードを崩す投げ技。
若干発生は遅く間合いはとても狭いうえ、
この技自体の攻撃力は0だが、
決まった後は相手に隙ができるので
そのままコンボへ繋げて大ダメージが期待できる。
相手がガードで固めたと思ったら、積極的に使っていこう。
虎撲子
+P(PPでフェイント)
判定の強い掌底で強烈な一撃を与える打撃技。
発生は若干遅いが、技後の隙は皆無なので
連発してゲージ溜めに使える。
小ネタとして飛び道具も消すことが出来る。
一見あまり使えなさそうなこの技だが、
この技の真価は、VーISMで存分に発揮される・・・。


■スーパーコンボ
隙の少なく無敵のあるLv1槍雷連撃や
大技で追撃が出来る楊炮、対空狩りに使える飛天双龍陣など
状況によっていろいろ使える。
槍雷連撃
+P
無数の連撃で相手に
大ダメージを与えるスーパーコンボ。
Lvが上がるほど連撃も激しさを増し、
ダメージも飛躍的大きくなる。
無敵はLv1から存在し、悪くても相打ち程度まで
持ち込める。

ちなみにカプエス2にあった
Lv2→Lv1or必殺技キャンセルは当然出来ない。
揚炮
(Lv3、X専用)

+P
痛恨の強烈な三連撃で大ダメージを与えて
相手を上空に浮かせる強力なスーパーコンボ。
単発でもダメージが高い上に発生も早く、
対空や連続技に大活躍。
これでKOした時の快感はかなり爽快であり
あまりにかっこ!よすぎる!!
さらに決まった後は様々な追い討ちが入るので
ここで一気にダメージを決めて勝負を決めよう!
飛天双龍陣
(Lv3専用)

空中で+K

雷撃蹴で突進し、ヒット後
弟・ヤンと共に相手を怒涛の連撃を決めて浮かせ、
強力な蹴りでX字を描くように決める大技。
これもKOした時の快感は、かなり爽快であり
あまりにかっこ!よす(略)


主に中Kで浮かせてからの追撃に使う。
しかも出だしに長い無敵時間が存在するので
通常技対空や昇龍拳など、対空狩りができるので
波動昇龍を狙ってくる輩にどんどん使っていこう!

あ、
ちなみにZERO3でのヤンの活躍はこれだけです。
はぁ?雷震魔破拳?
そんなもん知らんよ(´∀`)y-。oO○(笑)
ちょーッッッ!!!!

■基本コンボ
小足x2→立弱K→弱絶招歩法
下段開始の安定コンボ。下段開始の割にヒット確認も出来るうえ
ダメージもなかなかのモノ。

小足x2→槍雷連撃or楊炮
下段開始でスパコン絡めた大ダメージコンボ
ゲージがあったらこちらを使おう。

前方転身→弱PTC→各種必殺技orスパコン
ガード崩しから全キャラ安定して入るコンボ。
ただし弱PTCの出にくさとPSPの仕様でどうしても難しく感じる。
欲を出さないなら前方転身から直接必殺技に繋げたほうが良いかも知れない。

(画面端)中・大鉄山靠→立中K→J弱PTCorJ大Kor飛天双龍陣
中央でも出来ない事は無いのだが、
浮かせた後で後ろに受身を取られると追撃できなくなってるので
受身を取られても追撃できる画面端で。

楊炮→中K→J弱PTCorJ大K

楊炮からの安定追撃コンボ。
小足から楊炮で追撃まできっちり全段決めても、
体力の半分は減らすことが出来る。

■ISMはどれがオススメ?

ぶっちゃけいうとダントツでVーISMがオススメ。
オリコン発動したら中段下段から安定してコンボが繋ぐ事が出来る上に
小足絶招歩法で割り込み不可の固めから前方転身のガード崩しが凶悪すぎ。
しかも全ISM中ゲージがもっとも溜めやすいので
屈中P空キャン虎僕子連発で余裕でゲージ溜めができる。
例え50%からでも4割〜5割は安定して減らせるのが売り・・・ってあれ?

これって幻影陣じゃん!?幻影陣だよ!?これ!?
またか!?またあの悪夢が時空を超えて再びなのかーッ!!

幻影陣オリコンコンボ
旋風脚or小足→弱絶招x4→虎撲子(50%弱発動)
大安定で繋がるうえに4.5割減らせる極悪コンボ。
絶招歩法連発で受身不可で大安定で繋がるのもすごい。

前方転身→弱絶招xα(50%〜100%弱発動)
オリコンの無敵状態から前方転身が入るのが脅威。100%ならこれだけで6割減らせる。

旋風脚or小足or前方転身→弱絶招xα→虎僕子xα

ガード崩した後に弱絶招で画面端に運んでダメージの高い虎撲子をガンガン当てる凶悪コンボ。
虎撲子は高く当てたら受身は取られるが、この技自体が空中ガード不可なうえに画面端なので脱出不可
しかもコンボ補正も切れるので、結果的に驚異的なダメージが跳ね返ってくる。
受身取られなくても6〜7割は減らせる。

■基本戦術
けん制の強い遠大Pや立弱Kを振り回しつつ近寄って行き
奇襲性の強い雷撃蹴を筆頭に、すかし下段〜絶招、前方転身〜絶招と
打撃と投げの2択を上手く使ってガードを崩していく。

波動拳などの飛び道具系は鉄山靠で見てからカウンターで当てる事が出来るので
その後は中K→追撃で。
ちなみにグランドタイガーショットも潜れる位姿勢が低いので長いけん制技に合わせるのも吉。

V−ISMなら虎撲子でゲージ溜めて、そしてゲージが溜まったら絶招で接近して

1: 小足絶招(固められると割り込みやジャンプが一切出来ない)
2: 前方転身(固めからスムーズに入る)

これで体力を奪っていく。
今作ではバックダッシュやハイジャンプがないために
逃げながら闘っていくのは出来ないのだが、
それを補って余りある強い技が揃ってるため
V豪鬼、さくら、ダルシム等の強キャラ軍でも十分に闘って活ける。

■総合

どう見てもV-ISM幻影陣は強すぎです。
どうも有難う御座いました!

戻る